野生生物保全論研究会(JWCS)

野生生物犯罪
野生動物の絶滅
ワシントン条約プロジェクト
生物多様性とくらし

新年度事業の勉強会を開催しました!

スローロリス調査の様子今年度のから始めた「生物多様性保全を促進する消費・ライフスタイル形成、普及に関する調査研究・啓発活動」の一環として、8月5日に研究会メンバーによる第2回目の勉強会を開催しました。

第1回目は環境教育や生活クラブ生協による畑の生きもの調査の取り組みから国内での普及啓発活動がデーマでした。
第2回目の今回は輸入に焦点を当て、東京経済大学の渡辺龍也教授にフェアトレードと生物多様性について、酪農学園大学の遠井朗子教授にワシントン条約の国内での法執行について話題提供をしていただきました。
これらの研究結果は来年度に報告書にまとめる予定です。

❊JWCSがこの事業に取り組む目的や背景については、CBD(生物多様性条約)のページをご覧ください。

 

新着ニュース

ニュース一覧

2016年8月4日
会報78号表紙JWCS通信第78号を発行しました。
特集は、「野生イルカの展示目的による捕獲問題をめぐって」。
2015年夏に実施した講演会、「日本の海棲哺乳類:その生態と保全」の講演に引き続き、野生のイルカを展示することについて、公開理論研究会での話題提供の内容を一部ご紹介しました。

そのほか、エネゴリ君のクリック募金でいただいているご寄付によるゴリラの保護活動の報告や、昨夏の「日本の海棲哺乳類:その生態と保全」の講演の連載、またイギリスから招いた英国のオックスフォードブルックス大学教授で、NGOリトル・ファイヤーフェイス・プロジェクト新しいタブまたはウインドウで開きますの代表である、アンナ・ネカリス博士の講演の内容等も掲載した、盛りだくさんの号となりました。
→生物多様性と消費:ウナギ調査の提案 CITES CoP17PDF(裏表紙の連載記事の紹介です。約7.7MBあります。)
 
2016年8月4日
CBDのページを更新しました。
今年から始まっている新しい生物多様性条約にかかわるプロジェクトの情報を掲載しましたので、ぜひご覧ください!
 
2016年7月26日
IUCN日本委員会2020年事業第2回勉強会に参加しました。
 
2016年7月23日
IUCN親善大使のイルカさんのコンサート「45th Anniversary イルカ with Friends Vol.12~我が心の友へ~」でブース出展しました。コンサートの様子はこちら新しいタブまたはウインドウで開きますからご覧いただけます。
 
2016年7月15日
新潟日報の「ひと」欄にアンナ・ネカリス氏の活動が紹介されました。
 
2016年7月8日
国連生物多様性の10年市民ネットワークが主催する生物多様性条約のSBSTTA報告会に参加しました。
 
2016年7月3日
ハフィントンポストにアンナ・ネカリス氏のインタビュー記事が掲載されました。記事の詳細はこちら新しいタブまたはウインドウで開きますからご覧いただけます。
 
2016年6月27日
スローロリスの国内取引について環境省および一般財団法人自然環境研究センターと意見交換しました。
 
2016年6月26・29日
当会が長年取り組むスローロリスの違法取引に関するセミナーを東京で2回開催しました。
「映像で見る野生のスローロリスのくらしと、インターネットで明らかになったペット飼育の実態」をテーマに、英国のオックスフォードブルックス大学教授で、NGOリトル・ファイヤーフェイス・プロジェクト新しいタブまたはウインドウで開きますの代表である、アンナ・ネカリス博士にお話しいただきました。
スローロリス調査の様子アンナ・ネカリス博士の日本でのセミナーは7年ぶり2回目で、直接話を聞ける貴重な機会となり、参加者の多くの方から好評いただきました。
セミナーの詳細についてはイベントのページをご覧ください。
 
2016年6月21日・24日
アンナ・ネカリス氏が講演する、京都大学霊長類研究所主催の「アシュラ国際セミナー」新しいタブまたはウインドウで開きますを後援しました。
 
2016年6月19日
公益財団法人日本モンキーセンター主催の「ネカリスさん特別講演 スローロリス」を後援しました。
 
2016年6月17日
スローロリス研究者のアンナ・ネカリスさんが来日し、環境省記者クラブで記者会見をしました。記者会見の様子は、共同通信社の配信により、13紙の新聞に掲載されました。
 
2016年6月16日
環境省主催の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律のあり方検討会第1回」を傍聴しました。
 
2016年6月11日
理事会・総会・公開理論研究会を開催しました。
理事会、総会では、2015年度の事業報告と活動決算、2016年度の事業計画と予算のについて議決され、その結果が報告されました。
総会の後開催した公開理論研究会では、理論研究会のテーマとして「野生イルカの展示目的による捕獲問題をめぐって~Animal Welfareの概念に基づく倫理要綱が求めること~」を取り上げ、昨年ニュース等でも話題になった、水族館で生け捕りのイルカを捕獲・展示する問題について討論しました。研究会には約70人ほどが参加し、大盛況のうちに終わりました。
研究会での話題提供と自由討論の内容については、会報にて紹介させていただきます。
 
2016年6月3日
英語ページをリニューアルしました!
新しくOpinionのページを公開して、JWCSが過去に発表した意見書等を海外の方々にも見ていただけるようにしましたので、一度ぜひご覧ください。
 
2016年6月1日
メールマガジンJWCS WILDLIFE NEWS!vol.116を発行しました。
最新号の内容はこちらからご覧いただけます。
 
2016年5月31日
IUCN日本委員会の総会に参加しました。
 
2016年5月20日
CBD研究会の第1回勉強会を開催しました。
 
2016年5月15日
エキゾチックペット展示即売会「東京レプタイルズワールド2016」を視察し、日本の野生動物や、ワシントン条約の附属書に登録されている動物が多数販売されている様子を記録しました。
 

パートナー

  • エネゴリ君のクリック募金
  • クリックで守ろう!
    エネゴリくんの森
    (ゴリラを守るクリック募金)

『NPO法人 野生生物保全論研究会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
クリックでJWCSを支援!

ジャパン・ギビング

  • ギブワン
  • Charity Platform
  • 国際自然保護連合
  • リトル・ファイアフェイス・プロジェクト
  • にじゅうまるプロジェクト
  • 国連生物多様性の10年
  • JTEF トラ・ゾウ保護基金
  • 国連生物多様性の10年市民ネットワーク
  • Special thanks
    このWEBサイトは、元理事である故・浦本昌紀氏のご寄付により作成されております。
  • 税の優遇措置
  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.